メタバース

メタバースおすすめのプラットフォーム3選!収益化や開発にぴったりのプラットフォームをご紹介

最近、メタバースという単語がよく聞かれます。

メタバースとは仮想空間のことで、ビジネスやゲーム産業を通じて近年急激に発展してきています。

メタバースを利用しているゲームでは、有名なものだとフォートナイトやリアリティ、クラスターなどが挙げられます。

そんな大人気のメタバースを体験したいけれど、どのプラットフォームを選べばよいか分からない方はいませんか?

そのような方に向けて、今回の記事ではおすすめのプラットフォームを収益化や開発の観点も交えながら丁寧に解説していきます。

⇩この記事を読み終わると分かることはこちら⇩

プラットフォームとは?

収益化や開発に注目!おすすめのプラットフォーム3選

プラットフォームとは?

まずは、プラットフォームとは何なのかについてご説明します。

メタバースプラットフォームとは、メタバースを利用する際の基盤や土台となるシステムのことです。

数種類のプラットフォームが存在していますが、今回の記事ではメタバースのプラットフォームに焦点を当ててご紹介していきます。

収益化や開発に注目!おすすめのプラットフォーム3選

ここからは、おすすめのプラットフォームを3つご紹介していきます。

それぞれの特徴も載っているので、しっかりとご覧ください。

収益化できるプラットフォーム

収益化できるプラットフォーム① Decentraland (ディセントラランド)

まず初めに紹介するのはディセントラランドというプラットフォームです。

とても歴史が長いメタバースで、カラフルな仮想空間上の土地が目を引く外観になっており、ランド内の建物を現実世界のように入場有料化することで、収益化を見込めます。

また、土地を購入することもでき、実際の街のような感覚を味わうことができます。

収益化できるプラットフォーム② Bloktopia(ブロックトピア)

次にご紹介するプラットフォームはブロックトピアです。

21階もの高層ビルでできたメタバースで、その各階のエリアで活動することができ、広告を打ち出すことで収入を得ることもできます。

メタバースを開発できるプラットフォーム

開発できるプラットフォーム① Unity(ユニティ)

メタバースを開発できるプラットフォームとしては、ユニティというものがあります。

ゲーム開発用のプラットフォームで、3Dや2Dなど多彩なゲームを開発してみたい方におすすめのプラットフォームとなっています。

おすすめのプラットフォームについてのまとめ

本記事では、おすすめのプラットフォームを3つご紹介しました。

メタバースは今後ますます成長していく分野ですので、プラットフォームの需要も拡大していくことが見込まれます。

この記事を参考にして自分の目的に合ったプラットフォームを探してみてください。